ロゴ
>特集>インビザラインで見た目を気にせず矯正をスタートさせよう

インビザラインで見た目を気にせず矯正をスタートさせよう

インビザライン

歯並びが悪いことがコンプレックスだけれど、歯の矯正治療は矯正器具が目立ってしまうので、躊躇している・・という人も多いようです。矯正治療はメタルブラケットといって、金属製の矯正器具を歯の表面に装着するのが一般的で、どうしても自然な歯と矯正器具が馴染みません。特に接客業など人前でしゃべる機会が多い職業の人だと、矯正器具が目立つことが気になって治療に踏み出せない人もいます。もし、矯正器具が目立つということで矯正治療を躊躇しているのであれば、「インビザライン」という治療法を選択してみてはいかがでしょう。名古屋の歯医者さんでも多く採用されているインビザラインは、金属製の矯正器具ではなく透明なマウスピースを装着して歯並びを良くします。透明なマウスピースですのではめていても、周囲の人に違和感を与えることは無く大人でも矯正治療にチャレンジしやすいとして人気です。

金属アレルギー体質の人が歯列矯正の治療を受けるという場合は、そうで無い人よりも慎重に治療法を選択しなければいけません。一般的な歯医者さんでは金属製のワイヤーなどを使う歯列矯正がメジャーで、金属アレルギー体質の人は治療を受けられない可能性があります。アレルギーの度合いによって変わりますが、金属製の矯正器具を使用する歯列矯正にした場合、歯茎が腫れる、水膨れなどの症状が出る危険性があるようです。ただ、名古屋にある歯列矯正専門の歯医者さんの場合、「インビザライン」という金属製の矯正器具を一切使用しない、治療が受けられます。インビザラインの場合、ポリウレタン製のマウスピースを装着して徐々に歯並びを、正しい位置へと移動させる治療となります。金属アレルギー体質の人でも、ポリウレタン製のマウスピースだけで治療が行えるインビザラインであれば、アレルギーを気にすることなく治療を受けられるのです。

インビザライン