ロゴ
HOME>特集>歯並び矯正で綺麗な歯列をGET【マウスピース矯正は目立たない】

歯並び矯正で綺麗な歯列をGET【マウスピース矯正は目立たない】

マウスピース

矯正歯科で行われている治療法

矯正歯科では、ワイヤーを用いて徐々に歯の位置を移動させる方法の他にも、マウスピースを取り付ける矯正方法を行なっているところが増えています。銀色のワイヤーを歯の表側に取り付ける治療方法が最も一般的となっている治療方法ですが、目立ちにくい透明のワイヤーや歯の裏側に装置を取り付ける方法などもあり人気です。どの治療方法であっても定期的に歯科に通い歯並びをチェックして、ワイヤーやマウスピースを調整し少しずつ歯の位置を移動させてきます。治療にかかる期間はおよそ1年半から2年ほどが平均的で、ワイヤー治療の場合は外した後もしばらくの間は保定の装置が必要です。また、部分的に歯並びを改善したい箇所がある方には一部分だけにワイヤーを取り付けて歯並びを改善する方法もあります。

マウスピース

マウスピース矯正が他の治療法と異なる点

比較的新しい矯正方法の中でも、マウスピースを用いる方法は体調の変化や状況に応じて自分自信の手で取り外す事が可能です。また、歯磨きを行う際にも取り外しが出来るので、虫歯予防を行いやすいというメリットもあります。食事中の取り外しも可能なので、外食などの際にはあらかじめマウスピースを外してから食事をするなど状況に応じて対応出来ます。接客などを仕事で行なっている方の場合は、矯正している事がバレにくいマウスピースによる治療方法を選ぶ方も増えており好評です。趣味で管楽器の演奏を行なっている方にも適しており、口腔内を傷付けることなく演奏を楽しむ事が出来ます。スポーツを頻繁に行う方にも適しており、矯正装置を気にすることなく動く事が出来ます。